気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

世の中は理不尽なことでできている

いじめの問題がすごい勢いで取り上げられてますね。

「ブロードキャスター」でも、なんかやってました。
映画評論家の女の人が「行政が悪い」と言ってました。

え?それ、違うんじゃないの?

個人的には、家庭の教育があった上で学校での教育があるべきだと思ってます。
要するに、僕は家庭に問題があるのでは?という風に考えてるということです。

子ども生んだら後は行政が安全安心に子どもを教育してくれる、なんてことないよ。
それを、さも「行政が子どもを生めよ増やせよというがその行政がダメなんじゃないの?」と聞こえたんです。
それはどう考えても違うんじゃないでしょうか。

教育再生でしたっけ?
あれも、いじめがどうやったらなくなるかという非現実的な問題よりも、
どうやったらいじめに対する耐性を持たすことができるか、を考えるべきだと思う。
まー、それも非現実的なのかもしれないけど。
いじめられる側に問題があるとは思ってませんが、理不尽なのが世の中や社会で、
理不尽(ここではいじめ)なことに対して耐性がないと社会人になってからも
やっていけないと思うんですよ。
でもね、理不尽なこともあるけどやっぱり楽しいこと嬉しいことあるんですよ。

そう考えられなくなるくらい追いつめてしまういじめは許されない。

はっきり言っていじめは「する」方が100%悪い。
これはどんな理由も通じない。痛みを与える方が悪い。
でも、なくならないですよ。いじめは、きっと。

はー。子どもたちが普通に笑って子ども時代を楽しめるような社会をつくりたい。
そう思って仕事してます。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-10-22 00:01 | 雑感