気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

家庭に何か問題でも・・・

前にも、難しい問題として書いたんだけど、いじめの対処は本当に難しいと思います。

<福岡いじめ自殺>事件後も別の生徒に繰り返す 同グループ

中2男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した福岡県筑前町立三輪中で、この男子生徒をいじめていたとされるグループが事件後も別の生徒にいじめを繰り返していたことが分かった。学校側は遺族側に「再発防止を目指す」と繰り返しているが、いじめ対策が進まない現状が浮き彫りになった。


この学校側の言い分に違和感を感じます。

なんていうかな。
「学校だけでは再発防止は無理、家庭の親御さんも真剣に考え協力して下さい」
というところ(本音?)を言えないのかな?

△学校批判ばかりしている内は「いじめ」はなくならない

こちらでも書かれてますが

 これに対して、「いじめのやり方は亡くなった男子生徒と全く同じと聞いている。学校は一体何をしているのか」と保護者たちが憤っているというが、本当に学校だけを批判していていいの。
 このいじめをしている生徒や、その親(保護者)たちこそ一体何をしているのだろう。


個人的には、やっぱり家庭に何かしらの問題を抱えている子供たちなんじゃないかと思う。
いじめられる側ではなく、いじめる側に家庭の問題があると。

経験を遡ると、いわゆる問題行動を起こす子は家庭に何かしら問題を抱えていました。
家庭に問題を抱えている子がすべからく問題を起こすわけではないけど、
問題を起こした子をみると、ほとんど皆家庭に問題を抱えていた。
例えば、親御さんが異性関係にルーズだとか児童虐待だとかネグレクトだとか。

そうなると、はっきり言って学校でどうこうできるものではないと感じます。

そして、何故いじめた側の生徒とその親を批判するような記事や報道が見られないのか。
僕が見落としてるんでしょうか。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-04 10:19 | 雑感