気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

繊細というか何と言うか

自殺する小中学生の報道がやたらと多くて参るんだけど、どうなんだろう。

この間の、たけしの番組で石原慎太郎がこらえ性がなくなったとか言ってて、
何言ってんだ、わかってないなー
と思ってた。

そしたら、今朝のニュースで自殺した子が言われてたという言葉が「ちび」だとか。

僕は100%いじめる方が悪いと思ってるけど、正直こんな言葉に傷ついて死ぬなよと
感じましたね。
やるせないですね。

そういう意味で、石原慎太郎の言ってることもあながち間違いではないと思います。
「ちび」とか「のっぽ」なんて、いたってふつーの表現じゃないのかなぁ。
もちろん、何気ない言葉で傷つく人がいることも、そういう人たちが本当に辛いことも
分かってますが、それでも「え、この言葉で?」感は拭えない。
繊細、といえばそれまでなのかもしれないけど。

やっぱり、ふてぶてしさというか石原さんの言うところの「こらえ性」というか言葉に
対する耐性を身に付けることができないと生きていけない社会なんだろうか。

そんな社会でいいのかねー。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-13 11:00 | 雑感