気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

けたぐりは品格がない

朝青龍の「けたぐり」、横綱審議会で批判相次ぐ

けたぐりって品のない勝ち方だったんですね。
知りませんでした。

朝青龍みたいに圧倒的に強い横綱はそんなケチな技使うんじゃない、という意味?
今までの横綱にけたぐりを使って勝った横綱っているのかな?

ていうか、横綱審議会ってそんなことにまで注文つけれる立場の方なんだ。
知らなかった。

僕は朝青龍好きですけどねー。とにかく勝ってやる!みたいな意思が伝わってくる。

Wikipediaによると現在の審議会委員はこの方々。

石橋義夫(共立女子学園学園長・理事長)
井手正敬(JR西日本取締役相談役)
内舘牧子(脚本家、小説家)
内山斉(読売新聞グループ本社社長)
海老沢勝二(前NHK会長)
大島宏彦(中日新聞社最高顧問)
六代目澤村田之助(歌舞伎俳優)
鶴田卓彦(日本経済新聞社相談役)
船村徹(作曲家)
松家里明(元日本弁護士連合会副会長)
山田洋次(映画監督、脚本家)


なんていうか、偉い人たちなんだろうとは思うけど。

【追記】
朝青龍のけたぐり「品格にかける」…横審が小言
こっちではさらに細かい注文まで書かれていて面白い。

曰く
石橋義夫委員長(共立女子学園理事長)は「いまさら星を変える訳にもいかないが……。受けて立つ余裕を見せてほしかった」。


これは、どうにかできるなら黒星にしたい、と仰ってる?

曰く
内館牧子委員(脚本家)に至っては「けたぐりという言葉自体、品がない」と話し、果ては朝青龍が制限時間を迎えた時まわしをたたく所作に「横綱がみっともない」。


えー。そうなの?僕はあの所作がすんごい好きなんですが。
スポーッン!!!って感じで力強いじゃん。
何がどうみっともないのかよく分かりませんが、そんなものは主観的なものなんで、
ただの好き嫌いじゃないか、とも思いますがいかがでしょう。

毎日新聞は最後をこのように締めくくっています。

非の打ちどころのない勝利につけた、精いっぱいの注文か。

[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-28 08:01 | 雑感