気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

LAL-HOU

昨日BS1で放送してたレイカーズ-ロケッツ戦おもしろかったですねー。

正直、4Q開始2~3分で終わったなと思ったんですがねー。
最大30点差くらいついてましたから、残り8分?くらいで。

LALは余裕のコービー下げ。
HOUも諦めたのかヤオ・ミン下げ。

でHOUが半分やぶれかぶれのように放った3点がスポスポ決まり出す。
この流れはルーサー・ヘッドが大きな役割を果たしてました。
(その後ファウルアウトで退場になりましたが・・・)

この約30点差がみるみるなくなっていく展開!
最高に興奮しました。

さすがにまずいと思ったのか、フィル・ジャクソンもコービーを戻して何とか
ゲームをコントロールしようとするんですが、なかなか流れが切れない。

うぉお!!これ追いつくぞ!と思ってみていたら、LALが立て続けに3つもファウルして
FTを与えてしまうんですねー。

こっからがまた面白くて、HOUがせっかくもらったFTを落とす落とす。
あの終盤で6本もらって4本落としました。

パジェットだったかなー。2本とも決めれば同点の場面で2本とも落とす。
あちゃー。

で、最後はLALがもう一度突き放して終了。
コービーは流石だなと思いました。
と同時に、LAL強いなーと。
僕はあんまりシャックが好きじゃないんであの頃のLALは好きじゃないんですが、
今のLALは割と好きかも。

そういえば、最終盤はヤオ・ミンも戻ってました。

それにしても、解説の奥野さん?ちょっち気になりました。
4Qでヤオ・ミンを戻すべきとか言った30秒後には戻さなくて正解!みたいな。
・・・orz

いや、でもNBA面白いなと。やっぱスタッツ眺めてるだけじゃ分からんなぁ。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-12-14 09:57 | NBA・ホーネッツ