気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

カテゴリ:雑感( 64 )

藤原紀香結婚

なんというか、最近の芸能人の結婚は驚きの連続でしたが、
昨日の藤原紀香には心底驚きました。

吉岡美穂・IZAMもいろんな意味で驚き、矢田亜紀子・押尾先生もまだ続いてたのか、と
驚きましたが、その上を行きました。

もしかしてこの二人もできてんのかなぁ。

でも、何で陣内?
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-16 09:48 | 雑感

馬鹿な大人

なんか、親が自分の子を殺すって、ふざけるなとしか思えない。

なんでそんな奴に子どもができて、欲しいと思う人には子どもがなかなかできないんだろ。

何を考えて生んだの?
邪魔になったら捨てていいの?

あー。やってられん。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-16 08:49 | 雑感

この感覚に飢えていた

「この感覚に飢えていた」田臥、キャンプで軽快な動き

田臥もいよいよ始動です。
再びNBAのコートに立てる日を目指して。

NBAのキャンプに声がかからず、7月以降、「バスケットから離れていた」と言う田臥は「この感覚に飢えていた。ようやく始まり、うれしく思う」。オフにはみっちりとトレーニングを積んだそうで、軽快な動きを披露した。


ただ、現状ではNBAに上がるのはかなり難しいんではないかと。

たとえば、クリス・ポールくらいのアシストと得点に絡めれば十分なんだけど、
クリス・ポールは昨シーズンの新人王だしなぁ。

やっぱ竹内兄弟がガードやれるくらいじゃないと厳しいのかも。

アジアで通用してるのはでっかいヤオ・ミンだけだし。うーん。

でも、田臥には本当にがんばってほしいと思います。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-13 15:10 | 雑感

繊細というか何と言うか

自殺する小中学生の報道がやたらと多くて参るんだけど、どうなんだろう。

この間の、たけしの番組で石原慎太郎がこらえ性がなくなったとか言ってて、
何言ってんだ、わかってないなー
と思ってた。

そしたら、今朝のニュースで自殺した子が言われてたという言葉が「ちび」だとか。

僕は100%いじめる方が悪いと思ってるけど、正直こんな言葉に傷ついて死ぬなよと
感じましたね。
やるせないですね。

そういう意味で、石原慎太郎の言ってることもあながち間違いではないと思います。
「ちび」とか「のっぽ」なんて、いたってふつーの表現じゃないのかなぁ。
もちろん、何気ない言葉で傷つく人がいることも、そういう人たちが本当に辛いことも
分かってますが、それでも「え、この言葉で?」感は拭えない。
繊細、といえばそれまでなのかもしれないけど。

やっぱり、ふてぶてしさというか石原さんの言うところの「こらえ性」というか言葉に
対する耐性を身に付けることができないと生きていけない社会なんだろうか。

そんな社会でいいのかねー。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-13 11:00 | 雑感
なんということ・・・。

吉岡美穂とIZAMが結婚

信じられませんが、どうやら事実のようです。。

人気タレントの吉岡美穂(26)と3人組バンド「SHAZNA(シャズナ)」のボーカル・IZAM(イザム=34)が結婚することが8日、スポーツ報知の取材で分かった。

[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-09 08:18 | 雑感

久しぶりにガンプラ

最近、ガンプラ久しぶりに作りたいなーと思いつつお金がないんで我慢してます。

今もっとも気になるのは僕が一番好きなMSであるF91です。

なんと、ポリキャップレスらしいんですよねー。
値段はたしか3,000円くらいだったかな。

今はそんな余裕ねー!! _| ̄|○
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-08 20:04 | 雑感

寒い寒い

ウー。今日は寒いです。

朝5時過ぎくらいにはものすごい音の雷がなってました。
さすがに起きることはできませんでしたけど、意識は少し覚醒してしまいました。

日本海は波高6mだそうで、隠岐へのフェリーは全便欠航だそうです。

体調管理には気をつけましょう。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-07 09:45 | 雑感

紅葉ドライブ

今日は大山にドライブに行ってきました。

紅葉を見ながらのドライブでしたが、さすがに気持ちよかったです。
快晴で日差しも暖かくて。

それにしても、自然が作り出すグラデーションって綺麗ですね。
緑〜黄〜紅のグラデーションに見とれました。

紅葉を撮影しているカメラマンを何人も見かけました。
オープンカーは普段より高い頻度で見かけました。
多いのはコペンですね。
あとはZ3かな?

明日からまた仕事です。がんばらないとなー。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-05 21:23 | 雑感
あざらしサラダさんからいただいたコメントに返す形で書いたコメント。

これはあざらしサラダさんからのコメ。
それどころか、先日のニュースでは被害者の親が「加害者やその親についてはもう怒っていませんが、学校が許せない」と発言していたのには驚きました。

これに対する僕のコメント。
被害者の親からそういう発言があったんですか?
びっくりしましたけど、ふと思ったのは同級生の親同士の関係が
外から見る以上に強烈なものがあるのかな、ということです。

同級生の親を堂々と責めることができず、かといって子どもを失う
悲しみや悔しさを忘れることもできず、責めやすい学校という組織に
その矛先が向けられているのかなと感じました。
何にしても、子どもが親から愛情や自分に対する思いの強さを
感じることができてないんじゃないでしょうか。


つまり、親からの愛情や自分が大切に思われている、と実感できる恵まれた
(僕はそれができて当然と思いますが・・・)子どもが減ってきている。
そういう家庭が少なくなっているのが遠因じゃないかと思うんです。

僕が知っている子どもたちも家庭の話を聞くといたたまれない気持ちになる
話ばかりでした。
それはもう、自分が経験してきた家庭とはまったく違う。
でも、子どもたちは本当に親からの愛情みたいなものを欲してるんですよね。
それが満たされないと、イライラしたり他の子に八つ当たりしたり。

それでも、数年して久しぶりに町でそこの卒業生とばったり再会したら、
ものすごく変わっていて驚いたと同時にとても嬉しくなったんです。
彼はそこを出てから働き、親と一緒に暮らしているらしかった。
そんなことをちょっと嬉しそうに、自信もあるようないい少年になっていたことが
とても嬉しかったです。
あれほど問題児だと思ってた子がきちんと敬語が使えて、働いて、自信を持って
そういう話をしてくれる。
自分の子でもないのに、あれだけ嬉しかったのは本当に久しぶりの体験でした。

はっきり言って、子どもにとってもっとも重要な環境は家庭だと確信しています。
だから、いじめの責任を学校だけに求めることは非常に妙な事態のように
僕の目に映ります。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-05 00:43 | 雑感
前にも、難しい問題として書いたんだけど、いじめの対処は本当に難しいと思います。

<福岡いじめ自殺>事件後も別の生徒に繰り返す 同グループ

中2男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した福岡県筑前町立三輪中で、この男子生徒をいじめていたとされるグループが事件後も別の生徒にいじめを繰り返していたことが分かった。学校側は遺族側に「再発防止を目指す」と繰り返しているが、いじめ対策が進まない現状が浮き彫りになった。


この学校側の言い分に違和感を感じます。

なんていうかな。
「学校だけでは再発防止は無理、家庭の親御さんも真剣に考え協力して下さい」
というところ(本音?)を言えないのかな?

△学校批判ばかりしている内は「いじめ」はなくならない

こちらでも書かれてますが

 これに対して、「いじめのやり方は亡くなった男子生徒と全く同じと聞いている。学校は一体何をしているのか」と保護者たちが憤っているというが、本当に学校だけを批判していていいの。
 このいじめをしている生徒や、その親(保護者)たちこそ一体何をしているのだろう。


個人的には、やっぱり家庭に何かしらの問題を抱えている子供たちなんじゃないかと思う。
いじめられる側ではなく、いじめる側に家庭の問題があると。

経験を遡ると、いわゆる問題行動を起こす子は家庭に何かしら問題を抱えていました。
家庭に問題を抱えている子がすべからく問題を起こすわけではないけど、
問題を起こした子をみると、ほとんど皆家庭に問題を抱えていた。
例えば、親御さんが異性関係にルーズだとか児童虐待だとかネグレクトだとか。

そうなると、はっきり言って学校でどうこうできるものではないと感じます。

そして、何故いじめた側の生徒とその親を批判するような記事や報道が見られないのか。
僕が見落としてるんでしょうか。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-04 10:19 | 雑感