気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

<   2006年 11月 ( 62 )   > この月の画像一覧

気付いたらまた3連敗!

ホーネッツ調子落としてますね。
好調マーベリックスには70点台に抑えられてしまいました。
ノヴィツキーには28点獲られたようですし。。

厳しい戦いですねー。
次はラプターズです。

ニューオーリンズ・ホーネッツ 8勝6敗(.571)
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-27 08:30 | NBA・ホーネッツ

ホーネッツ-サンズ

負けてしまいましたね。。
92-83で完敗かな?
今シーズンいまひとつ調子があがってこないサンズに負けたのは残念です。
何が悪かったんだろうと思って眺めると、3ポイントの成功率に大きな差がありました。
サンズの45.5%に対して、ホーネッツは7.1%・・・。
ストヤコビッチの1本のみ。

チャンドラーはリバウンド16で奮闘したようですが、
ポールがアシスト4というのも響いたのかもしれませんね。

次はまたもやガーネット率いるT.ウルブズですが、こちらも低迷しているチームなので、
なんとか確実に勝ってほしいです。

ニューオーリンズ・ホーネッツ 8勝4敗(.667)
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-24 14:04 | NBA・ホーネッツ

ホーネッツ-ヒート

ヒート戦、勝ちましたね。
よっしゃ!!

結果は101-86でした。

チャンドラーのリバウンド18て、すごいな。

今日のスタッツ。☆はダブルダブル

ペジャ・ストヤコビッチ 23点(29分) うち3ポイント15点
☆クリス・ポール 11点(33分) アシスト10
マーク・ジャクソン 12点(29分)
デスモンド・メイソン 17点(33分)
タイソン・チャンドラー 7点(30分) リバウンド18
ボビー・ジャクソン 14点(22分)
ラシュアル・バトラー 10点(21分)
ジャネロ・パルゴ 3点(15分)
リントン・ジョンソン 3点(6分)
ヒルトン・アームストロング 0点(3分)
セドリック・シモンズ 1点(15分)
ブランドン・バス 0点(2分)
デビッド・ウェスト 出場なし


ストヤコビッチの3は強力な武器ですね。
このゲームのホーネッツの3ポイントシュート成功率は60%近い数字です。
逆にフリースロー成功率は50%で、ありゃりゃ、なんですが。

ディフェンス面でいえば、ドゥエイン・ウェイド1人には得点(29)を取られましたが、
チーム全体では90点取らせない硬いディフェンスだったのかなーと思います。

ニューオーリンズ・ホーネッツ 8勝3敗(.727)
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-22 13:49 | NBA・ホーネッツ
ホーネッツは今日は昨シーズンの覇者マイアミ・ヒートと対戦してます。

現在は第3クォーター途中
66-61(残3分弱)

ストヤコビッチが17点、クリス・ポールが9アシストですねー。
チャンドラーもリバウンド15です。

このまま勝ってくれー!!
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-22 11:46 | NBA・ホーネッツ

玉木宏 → L

ちょっと前から思ってること。

デスノートの実写版のLを「のだめ」に出てる玉木宏が、あのまんまの感じで演じたら
けっこうぴったりくると思うんだけど、どうだろう。

髪型といい、偏屈なところといい、意外に愛嬌があるところといい、ぴったり!!
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-21 13:34 | テレビ・ラジオ
人生の大半の問題はスルー力で解決する

名言ですね。
僕はこのスルー力と表されているものを取得していくことこそが「大人になる」ことであり、
その過程が「大人の階段上る♪」なわけだと思ってます。

なんていうか、真面目な人多いですよね。
僕も真面目です。だけど、このスルー力というのはけっこうあるんじゃないかと思います。

人の言うこと、気にします。気にしますが、すぐ忘れます(スルー完了)。
たまに自分のスルー力が強力すぎて、自分自身、「いい加減人間」とダメなレッテルを
張りそうなくらいです。
本当に自分のスルー力が怖い。

梅田さんも最後に触れてますが、こういうスルー力というなんか気の抜けた言葉で
ちょっと重たい話ができるのはいいかもです。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-21 12:17 | 雑感
「縁結び大賞」野村監督が持論語る

九月の高校生ドラフト会議で、駒大苫小牧・田中将大投手の当たりくじを引き当て、「縁」と記して本人に渡したのが、この一年で最もふさわしい縁結びと評価された。


このことが「縁結び大賞」受賞の決め手となったようです。

で、この授賞式は僕はてっきり出雲大社かどこかで行なわれたかと思っていたら
東京都内のホテルだとか。
なんじゃ、そりゃ。

野村監督も気を遣われたのか、
「まだ島根に行ったことがない。田中投手と二人で(出雲大社へ)お参りしたい」

なんてリップサービスも。

縁つながりで、近年の日本人野球選手のメジャー流出についても苦言を呈されています。
うーん。分からんではないなぁ、やっぱ。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-21 08:45 | 雑感
水森、倖田さんがグランプリ…ベストヒット歌謡祭

ポップス部門グランプリは、「夢のうた」などの倖田來未さんが受賞。


ご、ごめん。ぜんぜん曲知らないんだけど、やっぱ「ベストヒット」なんだよね。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-20 11:54 | 音楽

結婚記念日

1年ぶりに「結婚記念日」というものが近づいてきてます。着々と。

さて、今年は何をあげようか、と考えたとき、お金がないことに気づきました。

うーん。お金がないとしたら後は家事をするとかそんなことか?

料理つくってみるとか。
料理作るのにも材料買わにゃならんのに、お金はねぇっ。

おぉ、本当にどうするべ。

なにかいい案があればご教示下さい。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-20 11:41 | 雑感
オーストリーと呼んで オーストリア大使「オーストラリアと混同」

先週末あたりにいきなり出てきたオーストリア改め「オーストリー」という話。

最初は僕も勘違いしていて、国名が変わるんだと思っていました。
が、どうやら違うらしくて、単純に日本における表記が「オーストリア」から
「オーストリー」へと変わるということだそうです。

その主な理由が「オーストラリア」と間違えられやすいから、といったもの。

週末テレビ見てると外務省の対応も示されていて、当面は外務省としては変更しない、と。
外務省としては、「オーストリー」が一般的に浸透・認知されてくれば変更します、と。
平成15年に「スロヴェニア」を「スロベニア」、「チェッコ」を「チェコ」、「サイプロス」を「キプロス」に変更したばかりの外務省は「オーストリア大使館が発表しただけで、まだ定着していませんので…」と態度を決めかねている。


このオーストリーという表記については、実は日本にとってもなじみがあったらしく、
国内初の本格的な国際地理誌「萬國地名往来」(明治6年発行)で同国は「ヲウストリ」とされ、翌年開催されたウィーン万国博覧会も開催国「オウストリ」と宣伝された。


という経緯もあって、変更されたそうです。

浸透するかどうか。
混同されやすいとはいえ、「オーストリア」といえば有名ですからねー。
引用部分にもあるような「サイプロス」→「キプロス」のようにはいかないかもしれないですね。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-20 11:19 | 雑感