気になるデキゴト、ニュースをさらっと紹介。


by arlequin_Junya

アナライズ・ユー

昨日は『秘密』のついでに『アナライズ・ユー』も見ました。

これは『アナライズ・ミー』の続編で、主要キャストはそのまま出演という形です。
特にジェリーの存在は相変わらず大きい。

映画はいきなり、12歳の頃から社会の裏で生きてきたポール・ヴィッティ(デ・ニーロ)が
いかれた演技をするところから始まります。

収監された刑務所で暗殺されかけるんですね。
危険を感じ、精神が壊れてしまった振りをしてまんまと釈放。

釈放された先は精神分析医のソボル医師(ビリー・クリスタル)。

もうね、前作見てから数年経ってたんだけどこの2人の絡みは面白い。

ラストはジェリーを交えた3人の間に友情が生まれてるし。

終盤までヴィッティが何を狙っているのか見えないところもよかったですね。

印象に残った台詞。

「上げろと言った」
「落とせと聞こえた」
「都合のいい耳だな」

[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-27 14:46 | 映画

秘密

ようやく東野圭吾原作の『秘密』を見ることができました。

東野圭吾の『秘密』は傑作だと思ってるので、この映画を見るのが実は怖かったんです。

原作は、ストレートに言えばあり得ないファンタジー的要素を含んだストーリーなので、
それを映像化するというのはどうなんだろう、陳腐化しないかな?と不安があったんです。
しかも、主演は当時アイドル?だった広末涼子。
不安はつきない、と思っていつも先延ばしにしてました。

けど、見てよかったです。
映画化するにあたってずいぶんと端折られてるところや変更になっている点はありましたが
問題ない範囲かと思います。

何が秘密だったかが明らかになるシーンはちょっとアレですが、まぁ問題ないでしょう。

娘・妻においていかれる夫の切なさ。
徐々に妻ではなく娘として生きたいと悩む妻の切なさ。
よかったです。

個人的には石田ゆり子がきれいでよかったです。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-27 10:41 | 映画

デスノート全編

映画『デスノート』ようやく見ました。

んー。月が藤原竜也というのがちょっと違和感あるかなー。
みさみさはいいんじゃないかなと。かわいいし。
総一郎は原作とちょっと違う感じですね。

期待のLはなかなか悪くないんだけど、スマートな雰囲気がもう少しほしかったかな。
正直、よくああいうキャストを見つけてきたなと感心しました。

全体としては悪くなかったです。
が、良いかと言うとそうともいえないなー。

実際問題、Lと月との頭脳対決は後編が本番だろうからなー。
個人的にはLが好きなんだけど、どうなるんだろ。
ニアの代わりにLが追いつめて月がぶっ壊れる、そんな展開に期待。

ま、期待しよう。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-11-05 00:51 | 映画
高校の頃は友だちと二人ないし三人で好きな映画俳優ランキングとかやってたのを
思い出したので、久しぶりにやってみました。

■俳優部門
1位 ジョン・トラボルタ
 もうね、このお方は僕の中では不動の1位です。
「ソードフィッシュ」や「ブロークン・アロー」のような悪役から、
「マイケル」、「バトルフィールドアース」のような変な役、
「サタデーナイト・フィーバー」や「パルプ・フィクション」のようにスタイリッシュな役まで
何でもこなせるよね、この人は。
しまいには、「フェイス・オフ」のショーン・アーチャーとキャスター・トロイ両方を演じてます。
まさしく、不動。
とは言え、「パニッシャー」、「Be Cool」の最近の作品はまだ見れてない・・・。

2位 ショーン・コネリー
名優です。騎士です。エド・ハリスを思い出します。

3位 キアヌ・リーブス
「マトリックス」では神でしたね。ネオ。

4位 アル・パチーノ / ロバート・デ・ニーロ
この二人は今さら何をいわんや、ですよ。二人が共演した「ヒート」なんてしびれますよ。

5位 ジョニー・デップ
まー、女性には人気ありますよね。かっこいいもん、たしかに。「フェイク」のデップには
これまたしびれた。ついでにパチーノにもしびれてました。

■女優部門
1位 シャーリズ・セロン
女優だとやっぱり、シャーリズ・セロン。はじめてみたのはキアヌ・リーブスと競演してた
「ディアボロス」だった思う。その後、「サイダー・ハウス・ルール」、「スウィート・ノベンバー」
なんかを見たかな。

2位 メグ・ライアン / ジュリエット・ビノシュ
可愛らしいといえばこの人たちでしょ。
メグ・ライアンは言わずもがな。ジュリエット・ビノシュは「ショコラ」で惚れた。

3位 クレア・デインズ
この人のジュリエット(「ロミオ×ジュリエット」)は最高です。こんな可愛い子が世の中に
いていいの?みたいに感じましたもん、はじめて見たとき。
あの天子の羽。最高です。

4位 ユマ・サーマン
この人、「ガタカ」で惚れて、「パルプ・フィクション」で目が点になった。
ユマの発音は「ウマ」というのは有名。

5位 グウィネス・パルトロー
あまりこの人の映画見てないけど、「大いなる遺産」は良かった。

ちなみに、4位、5位はイーサン・ホークが絡んでます。

最近ほんとに映画見てません。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-10-20 15:40 | 映画
名優

久しぶりに「エア・フォース・ワン」を見たけど、やっぱゲイリー・オールドマンだわ。
いい!

まぁ、この映画のなかではそれほどエキセントリックなところはないんだけど、
それでも存在感はあるし、見てて楽しくなる。

ゲイリー・オールドマン以外で外せないのはやっぱりグレン・クローズかなと。
大統領代行?として、国家安全保障会議と連携してことにあたる副大統領を見事に
威厳があり、かつ気品を持たせて演じてた。

ハリソン・フォードはまぁ。いつもな感じですね。

はじめて見た当時はラストで撃たれるパイロットがもう少しかっこよく見えてたんだけど、
昨日はそれほどでもなかった。
吹き替えだとやっぱ限界はあるのかも。

何れにしても、最近映画から遠ざかってます。

そうそう。大統領が搭乗したアメリカ空軍機のコードネームが「エア・フォース・ワン」なのに対し、
副大統領が搭乗した空軍機は「エア・フォース・ツー」らしい。

(´Д`;)

ツー、ツー・・・

この映画の見所として、エアフォースワンがカザフ領空から脱出する際に、
ミグに撃墜されそうになったところを味方機が楯となるシーンがあるんだけれど、
ここは個人的にはこなかった。「あぁハリウッド的、アメリカ万歳的シーンだね。」という感じで。
批判的にみるというわけではなくて、これはもうお約束。織り込み済みというやつ。

この映画は本当に最後の最後までワクワクさせてくれる良い映画。おすすめです。
[PR]
by arlequin_junya | 2006-10-07 08:48 | 映画